ACマスターカードって何?

ACマスターカードというアコムが発行しているクレジットカードについて解説していきます。
アコムは消費者金融の中でも国内で唯一クレカを発行している企業なのです。


ACマスターカードって何?

アコムが発行しているクレジットカードです。
他のクレジットカードとは違って、国際ブランドが「マスターカード」のみなのが特徴の1つですね。
このカードの特筆すべきポイントはもう1つ。
06d88eee98065b749e544b97dc42d801_s
「リボ払い限定である」という点です。
普通のカードであれば、一括/分割/リボ/ボーナス一括払いなど色々選べるのですが、ACマスターカードでは「リボ払いのみ」となっています。

また他のカードのように使った金額に応じてポイントがつくといったサービスがあるものですが、ACマスターカードにはありません。

あまりメリットがないように感じられるかもしれませんが、実はものすごく大きなメリットが1つあるのです。
それは「審査に通りやすい」という物凄く強いメリットです。
(※現金を借りたい人はこちら「アコムの審査に通るには?」)

一般的に信販会社より消費者金融の方が審査は甘めと言われていますが、それはアコムでも同様。
他のクレジットカードで審査に落ちた人でも通ったという声が多数集まっているのがACマスターカードの強みです。


何でアコムがクレジットカードを発行しているの?

上記を見る限りクレカとしての一般的な機能を考えるとメリットは少ないように見えますね。
「じゃあなんでわざわざ専門外みたいなクレカ事業もやってるの?」と不思議に思われる人が多いのも当然だと思います。
しかしアコムからしてみれば元からの事業と特に大きな違いはないのです。
ポイントは上記の通り「リボ払いのみ」というところにあります。

元々クレカというものは、お客が買い物や食事や旅行などで使ったお金を「代表して一括して立て替える」というシステムのものです。
そして客は立て替えてもらったお金を一括や、分割など各々の状況に合わせた方法で返済していくだけなのですね。
そしてリボ払いというのは「いくら立て替えてもらっていても月々の返済額は一定のまま」というシステムです。

もちろんリボにも上限額は決まっていますのでその範囲内で、ということになります。

「上限額の範囲内ならカードでいくらでも立て替えてもらえて、返済額は一定」というリボ払いと、
「上限額の範囲内ならカードでちょくちょくお金を借りられて、返済額は一定」というアコムのカードローン。

「立て替える」か「現金を借りる」かの違いだけで、あとはほとんど同じなのです。

「だったら現金を借りる方が良くない?」という疑問も最もだと思いますが、お金に困っていても「消費者金融からお金を借りているなんてバレたら離婚されかねない!」なんて状況におかれている人も多数います。
そんな人にとっては「あくまでクレジットカードですよ」という体面を保てるACマスターカードの存在がありがたいわけです。


最初の記事へ戻る*申し込みから融資までの流れ